> > Vライン・Iライン・Oライン

Vライン・Iライン・Oライン

なんとなくアンダーヘア周辺を指すことは分かっても、厳密には何がどこにあたるのか把握できてない人って
案外多いのではないでしょうか。
ここでは、今さら人には聞けないV・I・Oラインについて説明したいと思います。

ビキニラインは、陰毛が生えている範囲のうち、ビキニの水着や下着を着用しても覆われない部分のことです。

Vライン

Vライン

Vラインの定義はサロンによって異なりますが、前から見た時に見える範囲全体のアンダーヘアを指す場合と、いわゆるショーツや水着からはみ出るビキニラインだけを指す場合があります。

I・Oラインを残して、Vラインだけすべて処理してしまうことはあまりないかもしれませんが、前から見える範囲全体のアンダーヘアをVラインとして脱毛できるサロンであれば、形や毛の薄さなどを好きなデザインにしてもらうことができます。

Vライン脱毛をするにしても、どのような形・デザインに仕上げたらよいのか分からないという人も多いと思います。もちろん、カウンセリングの時点でしっかり相談すれば良いと思いますが、定番のVラインデザインを紹介していきます。

スタンダードな逆三角形

一般的なビキニなら普通に着られますし、温泉などで裸になっても、それほど従来と違和感のないVライン脱毛の形です。最もスタンダードな形ですので、まずはここからトライする人が多いです。

I型

I型というのは文字通り長方形のようにVラインヘアをかたどったもので、Tバックなど切れ込みの深いデザインの下着や水着にも対応できます。どちらかというと大人っぽいVライン脱毛のデザインですので、露出度の高い衣装を着る機会が多い海外のセレブなどはIライン型を好むようです。

逆たまご型

逆三角形に丸みを持たせたVラインデザインです。かわいらしく、多少切れ込み角度の深い下着などにも対応できますので、こちらも人気があります。

Iライン

Iライン

アンダーヘアでも奥の部分のことで、表現が難しいですが脚の付け根の内側、女性器の周りのエリアを指します。海外では、衛生のためにIラインを処理することが一般的とされ、日本でも芸能人がやっていることで人気が出始めています。

ただし、膣付近の粘膜部分を含むデリケートな部位のため、サロンによって施術可能な範囲に差があり、日本では粘膜部分の脱毛をしてもらえないサロンも多いです。

Iライン脱毛のメリット

アンダーヘアがこもることによって発生する湿気をなくし、生理時や普段の、ムレ・かぶれなども軽減することができます。デリケートゾーンの臭いやかゆみの悩みを解消することができます。また、自己処理をして肌が荒れてしまったり、色素沈着(黒ずみ)を起こす心配もなくなります。

最近チェックしたサロン
Beauty Salon Venus

[神奈川県] 横浜市中区

Beauty Salon Venus

[アクセス] 関内駅・南口より徒歩3分
Ajito ~アジト~

[東京都] 足立区

Ajito ~アジト~

[アクセス] 北千住駅から徒歩1分
Rio

[東京都] 中央区

Rio

[アクセス] 銀座駅徒歩4分 銀座一丁目駅徒歩1分
blog
pagetop
Copyright(c) Foreign Partners Inc. ALL RIGHTS RESERVED.