> ワックスでの脱毛について

ブラコレ厳選コンテンツ!

ワックスでの脱毛について

レーザー脱毛ではできないこと

脱毛

レーザーは、黒い色に反応し、自ら出す熱で毛根を焼いて永久脱毛をします。ですがその仕組みゆえに、成長が止まっている毛の脱毛をすることがなかなかできません。
肌から出ている毛だけではなく、皮膚の中には、これから出てこようとしている毛があるかと思いますが、それらの毛は成長してきてから永久脱毛の処理をすることになりますので、医療レーザーによる脱毛では、同じ箇所に複数回の処置を施さないといけません。
今や一般的な脱毛方法の一つでもあるレーザー脱毛で頻繁に聞くトラブルは「火傷」です。

ファンデーションや日焼け止めなどの化粧品と反応して起こる火傷

ファンデーションや日焼け止めクリームを十分にふき取っていないと、光レーザーがその部分に反応し、火傷になってしまうケースがあります。

ファンデーションや日焼け止めなどの化粧品と反応して起こる火傷

レーザーの出力の調整は専門医でも難しく、熟練の技が必要です。出力が不安定なまま脱毛処理をはじめてしまうと、火傷になってしまうケースがあるようです。
特にに質の悪いエステサロンなどで永久脱毛処理をしようとして、火傷になってしまうと適切な処置が遅れてしまい、皮膚に火傷の跡が残ってしまうこともあります。

また、レザーや光脱毛などでは粘膜部分の脱毛は不可能です。

その他にも自宅で出来る脱毛方法として「カミソリで剃る」「毛抜きで抜く」といった手法がありますが、カミソリで剃る方法は、剃ったあと断面が黒く目立ってしまったり、効果がまったく持続しない、また、カミソリ負けで炎症を起こしたり、皮膚を傷つけてしまう場合がありますので注意が必要です。
毛抜きで抜く場合は、手・毛抜きなどを清潔な状態にしてから行わないと、毛穴に雑菌が入り込んで炎症を起こす場合があります。時間もかかりますが、効果は長くて1ヶ月程度。
自宅でできる方法はいずれも一時的な脱毛に過ぎず、薬の作用や使用状態によって肌を傷める場合もあるので、 十分な知識と注意が必要といえます。

ワックスでの脱毛なら…

脱毛なら

ワックスでの脱毛法の最も大きな利点は、「かみそり負けを生じない」ことと、「毛の再生がゆっくりとしていること」です。
デリケートな部分の施術だからこそ高い技術をもった専門スタッフが施術を行うので安心して脱毛することができます。

デートの直前にも施術可能。短時間で脱毛ができるし、レザー脱毛等では不可能な粘膜部や軟毛も綺麗に脱毛。小さなセクシーな下着や、ビキニも自信を持って着用出来ます。

安全性が最も高い脱毛方法として話題のワックス脱毛は毛根から処理する為、次に生えてくる毛がチクチクせず、とても衛生的。生理後の不快感もなく、ムレることがないため、デリケート部分のかゆみや肌荒れを防ぐことができます。

ブラジリアン・ワックス脱毛の効果

  • 毛がほとんどなくなるので、水着から毛がはみ出る心配がない
  • はがす際に古い角質も一緒に除去されるので、肌がなめらかになることが期待できる
  • かみそりを使わないので、かみそり負けが起こらない
  • 根元から抜かれているので、毛の再生が比較的ゆっくりである

適用部位

頭髪および男性の髭以外にはほとんど全身の毛に適用できる方法です。

自己処理できる部位は、脚、腕、脇、ビキニラインなど、自分の手や視線が十分に届く範囲に限られますが、エステティックサロンではどの部位に対しても実施されています。
ビキニラインよりも内側の陰毛をワックスで脱毛することをブラジリアンワックス脱毛と呼び、今大注目されています。

最近チェックしたサロン
Beauty Salon Venus

[神奈川県] 横浜市中区

Beauty Salon Venus

[アクセス] 関内駅・南口より徒歩3分
Ajito ~アジト~

[東京都] 足立区

Ajito ~アジト~

[アクセス] 北千住駅から徒歩1分
Rio

[東京都] 中央区

Rio

[アクセス] 銀座駅徒歩4分 銀座一丁目駅徒歩1分
blog
pagetop
Copyright(c) Foreign Partners Inc. ALL RIGHTS RESERVED.